脱毛テープのデメリット

脱毛テープは痛いし、肌への負担もありますし、毛が残ってしまう事もある、などのデメリットがあります。


腕を出した女性脱毛テープは安価で手軽で、手っ取り早く、ムダ毛を処理できます。カミソリでやるよりも毛が生えてくるまでの時間が長いですし、カミソリまけなどのトラブルも少ないと言えます。が、やはり、デメリットも当然あります。

まず、痛い。まあ、当然といえば当然ではありますが、テープを肌に貼って、それを一気に引きはがす、ということで、痛みは伴います。これは慣れれば感じなくなるという人もいれば、何度やっても痛みになれることができないという人もいるようです。

また、肌への負担も大きいです。やはり肌にテープを貼ったりはがしたりということで、肌へのダメージがあるのは想像に難くないですよね。長く続けていくと肌荒れや黒ずみの原因にもなります。

そして処理時にはある程度毛が長くないと抜けません。そもそもテープに毛がひっつかないと抜けないですからね、ちょっと剃ってしまった毛などは、そのまま残ってしまいます。またテープの粘着力が充分でない場合も、毛が残ってしまいます。何度も同じところを繰り返しテープでやると、さらに肌をいためてしまいますし、脱毛テープを使うときは、肌になるべく負担がかかららないように、まず肌を蒸しタオルなどで暖めて毛穴を開いて、それからやるなど、充分ケア、してあげてくださいね。

さて、脱毛エステと比較すると、やっぱり脱毛エステの方が、料金がかかるのがデメリット。また、通う手間も無視できませんね。ただ、一時的に我慢して通ってしまえば、自己処理は原則不要という状態になりますので、結局、お金も時間も節約できることになります。一生のうち、脱毛に当てる時間ってホントに無駄ですからね。自宅でムダ毛処理にかかっていた時間がすべて自由になるわけです! 痛い思いもしなくて済みます。やはり、思い立った時にやってしまうのがいいでしょう。

もしやるならば全身脱毛がおすすめです。これは、基本のワキ、腕・ひざ下に加えて、顔、ビキニライン、ひざ上、背中など、とにかく体中のムダ毛を処理できるもの。人気なのは、月額制で通える格安の全身脱毛の専門店。1年間通ってしまえば、かなりの部分がツルツルになってきますね。個人差があるので、もうちょっと通う場合もありますが、全身脱毛は安くて、短期集中でいけるのでお勧めです!

脱毛テープとエステでの全身脱毛。なかなか悩みどころですが、思い切ってやってしまうのもありだと思います。ちなみに、40代以上の女性でもエステに通う人は多いので、全く恥ずかしがる必要はありません! エターナルラビリンスとかは大人のサロンですので、特におすすめです。

脱毛テープの使い方

脱毛テープは痛みを伴いますが、ある程度広い範囲の毛を一気に処理することができます。処理前は肌を清潔に、毛穴を開いた状態にしてあげて、処理後は逆に冷たいタオルで引き締めてあげましょう。



笑う女性脱毛テープは足や腕などの広い範囲の毛を一度に処理することができます。脱毛クリームと違って、毛の根元、つまり毛根から引っこ抜くことができるので、多少生えてくるのが遅くなります。が、脱毛テープ、やっぱりテープを皮膚に貼ってはがす、ということで、痛みは伴うのは致し方ありません。

ただ、その痛みの感じ方は個人差があります。何度か繰り返して脱毛テープを使うことで、だんだん痛みを感じなくなったという人もいれば、いつまでたっても痛みに慣れない、という人もいます。

脱毛テープの使い方ですが、脱毛したい部位にテープをはり、毛の流れに剃って、一気に引きはがすというのが基本的な方法です。脱毛テープを使うときは、肌をきれいにして、毛穴が開いた状態にするようにします。入浴した後や、蒸しタオルなどで肌を暖め、毛穴を開きます。そうすることで抜けやすい状態になれます。

またテープを引きはがした後は皮膚が傷んでいます。テープの粘着力で少なからずダメージを受けていますし、毛穴は開き、毛穴付近の皮膚は引っ張られて盛り上がっています。ですので、処理後は冷たいタオルなどで冷やして、毛穴を引き締めて挙げましょう。それにより、ばい菌などで化膿してしまったりなどの肌トラブルを抑えることができます。

ヴィトゥレの口コミを読む | http://www.v-yoyaku.com/
もし、脱毛サロンでの処理を考えているなら、こちらがおすすめです。渋谷、新宿、池袋などの大都市を中心に展開しており、料金も医療脱毛と較べて格安。予約の取りにくいサロンと較べて、ヴィトゥレはとても親切です!